受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

センター試験2006年度数学1Aの第1問(1)、二次方程式の解の問題
センター試験2006年度数学1Aの第1問の(1)をそれではやりましょう。

あかん、肩こってきた。

[問題]
第1問(1)
2次方程式x^2-3x-1=0の解がα,βでα,βで、α>βとするとき、
α=((ア)+√(イウ))/2,β=((ア)-√(イウ))/2
である。また、
m<α<m+1を満たす整数mの値はm=(エ)
n<β<n+1を満たす整数nの値はn=(オカ)
である。
次に、
α+1/α=√(キク)
であり、
α^3+1/α^3=(ケコ)(サシ)
である。



[解答と解説]
2次方程式を解いて
x=(3±√13)/2

だから
α=(3+√13)/2
β=(3-√13)/2

それで3=√9<√13<√16=4だから、

3=(3+3)/2<(3+√13)/2<(4+3)/2<4
だからm=3

-1<(3-4)/2<(3-√13)/2<(3-3)/2=0
だからn=-1です。

α+1/αはなんか解と係数の関係からαβ=-1から1/α=-βだからα+1/α=α-βつかったり
α^2-3α-1=0の両辺をαで割ってα-3-1/α=0より1/α=α-3とかだからα+1/α=2α-3としたり
1/α=2/(3+√13)=2(3-√13)/{(3+√13)(3-√13)}=-(3-√13)/2と、分母分子に3-√13をかえて普通に分母有理化して計算してもいいですが、そんなこと迷う暇あったら一番最初に思いついた方法から計算した方が早いです。

α+1/α=2α-3
=√13

で、

α^3+1/α^3=(α+1/α)(α^2-1+1/α^2)
=(α+1/α){(α+1/α)^2-3}
=√13{(√13)^2-3}
=10√13

です。

これはαと1/αの対称式なので、和α+1/αと積α・(1/α)=1であらわされる、結局α+1/αだけであらわされます。
他にも
α^3+1/α^3=(α+1/α)^3-3(α+1/α)
=13√13-3√13=10√13
とかやり方あります。

こういう対称式の計算の仕方は、

大きい次数にあわせて何乗する
(α+1/α)^3
そしたら
3α+3/α
だけ余計なもんが出る。
それを引く
(α+1/α)^3-(3α+3/α)
って感じでやっていきます。

センター試験の過去問の解説




テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/118-59712441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析