受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

センター試験2005年度数学1A第2問の整式の割り算と必要条件、十分条件と三角比の問題の解説
電気毛布はセンター試験の贈り物と言うわけではないか…。

2005年度の数学1A第2問の整式の割り算と必要条件、十分条件と三角比の問題です。


[問題]
第2問
[1]a,bを実数とし、xの整式
A=x^4+(a^2-a-1)x^2+(-a^2+b)x+b^3
B=x^2-x-a
を考える。AをBで割った商をQ,余りをRとすると,
Q=x^2+x+a^(ア)

R=(a+b)x+a^(イ)+b^(ウ)
である。

(1)R=x+7のとき、a=(エ)またはa=(オカ)である。

(2)(キ)と(ク)に当てはまるものを、下の(0)~(3)のうちから一つずつ選べ。
(i)a<-1/2は、すべての実数xに対してQ>0となるための(キ)。
(ii)a+b=0は、AがBで割り切れるための(ク)

(0)必要十分条件である
(1)必要条件であるが十分条件ではない
(2)十分条件であるが必要条件ではない
(3)必要条件でも十分条件でもない

[2]線分ABを直径とする半円周上に2点C,Dがあり,
AC=2√5,AD=8,tan∠CAD=1/2
であるとする。

このとき
cos∠CAD=((ケ)√(コ))/(サ)

CD=(シ)√(ス)
である。

さらに
△ADCの面積は(セ)
AB=(ソタ)
である。


[解答と解説]
まずAをBで割ります。

x^4+(a^2-a-1)x^2+(-a^2+b)x+b^2={x^2(x^2-x-a)+x^3+ax^2}+(a^2-a-1)x^2+(-a^2+b)x+b^3
=x^2B+x^3+(a^2-1)x^2+(-a^2+b)x+b^3
=x^2B+{x(x^2-x-a)+x^2+ax}+(a^2-1)x^2+(-a^2+b)x+b^3
=(x^2+x)B+a^2x^2+(-a^2+a+b)x+b^3
=(x^2+x)B+{a^2(x^2-x-a)+a^2x+a^3}+(-a^2+a+b)x+b^3
=(x^2+x+a^2)B+(a+b)x+a^3+b^3
だから
Q=x^2+x+a^2,R=(a+b)x+a^3+b^3
です。

本当は筆算でやりますが、まあパソコンのテキストなので普通の式で書きました。

(1)R=x+7の時は係数を比べてR=(a+b)x+a^3+b^3とxの係数を比べて
a+b=1
a^3+b^3=7

でa^3+b^3=(a+b)(a^2-ab+b^2)
=(a+b){(a+b)^2-3ab}
=1-3ab
だから
1-3ab=7⇔ab=-2
よって
a,bは次の二次方程式の解である。
t^2-t-2=0

(t-2)(t+1)=0
よりt=2,-1

だからa=2,-1です。

こうやって対称式であることを生かして、計算を簡単にしていきましょう。


(2)
必要条件や、十分条件の問題です。
これを聞くと頭痛くなったり、どっちか忘れたりしますが
090108_m2.jpg
⇒の左にあれば十分条件、右にあれば必要条件です。
⇒の左に縦線を入れると十に見える、⇒の右は必っぽく見えるから…
それだけです

(i)
Q=x^2+x+a^2
すべての実数xに対してQ>0⇔判別式D<0
でした。

D=1-4a^2
=-(2a-1)(2a+1)
だから

すべての実数xに対してQ>0⇔a<-1/2,1/2<a
です。

なので

a<-1/2⇒a<-1/2,1/2<a(⇔すべての実数xに対してQ>0)

です。
a<-1/2は十分条件です。

a<-1/2,1/2<aであれば、1/2<aの時はa<-1/2ではないから逆は成り立ちません。

a<-1/2は必要条件ではありません。

だから(2)が正解です。

(ii)
AがBで割り切れる⇔すべてのxに対してR=0

すべてのxに対してR=0は
R=(a+b)x+a^3+b^3
のxの係数と定数は0で
a+b=0かつa^3+b^=0
ですがa+b=0の時点でa^3+b^3=(a+b)(a^2-ab+b^2)だからa^3+b^3=0は満たされます。

だから
AがBで割り切れる⇔すべてのxに対してR=0⇔a+b=0
よって必要十分条件で(0)です。


[2]
数学はまず図を描くのがコツなので図を描いてください。

tanθ=sinθ/cosθ
より
(tanθ)^2=(sinθ)^2/(cosθ)^2
={1-(cosθ)^2}/(cosθ)^2
=1/cosθ^2-1
から
(tanθ^2)=1/(cosθ)^2-1

と言う式がありましたが
これから
cosθ=±1/√{1+(tanθ)^2}
です。

よって
cos∠CAD=±1/√{5/4}
=±(2√5)/5

と二つ答えが出て困ったことになりましたが文中の解答欄の形
cos∠CAD=((ケ)√(コ))/(サ)
から
cos∠CAD=(2√5)/5
ってわかります。

まあセンターはこうやって解答欄の形をフルに生かして欲しいですが、説明するとこれ点C,DはABを直径とする半円上なので∠CADは弧CDの円周角だから90°以下だとわかります。やっぱりそういうのは図を描くからわかります。
090114_m2.jpg

半円を弧とした円周角は90°でした。
そして半円より大きい弧の円周角は90°以上でした。

中学の幾何の知識はよく使うので、復習しといてください。
特に円周角はよく使います。

余弦定理から
CD^2=AC^2+AD^2-2AC・ADcos∠CAD
=20

よりCD=2√5

また
sin∠CAD=√(1-((2√5)/5)^2)
=1/√5

より
△ADC=1/2・AD・ACsin∠CAD
=8

最後のABですが、△ADCは円にABを直径とする円に内接してることがわかります。
やっぱりそういうのは図を描くから気づきます。
それでちょっと忘れがちな正弦定理を使って外接円の半径Rとすると

CD/sin∠CAD=2R
から
R=5
です。

だからAB=2R=10

まあCD/sin∠CAD=1/2Rだったかな?って思ってもAB=1/10は解答欄にあわないから間違いなことわかりますが。


センター試験ではよく正弦定理で外接円の半径を求めさせれるような気がするから、チェックしていくと良いと思います。
090108_m6.jpg
外接円の半径のとこを忘れたときは、直角三角形にして考えると導けます。

センター試験の過去問の解説




テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/130-2e2342d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析