受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

正六角形の書き方(定規とコンパスだけの作図する方法)
090117_m1.jpg
定規とコンパスで一緒に作図しようよ。


なんか勘違いしてるアホがいますが、正六角形の作図を説明します。

数学の作図って言うのは定規とコンパスだけ使って書けってことです。


090117_m2.jpg

まずコンパスで円を書きます。
円の半径は、正6角形の一辺の長さになります。

コンパスの開き具合は固定したまま、その書いた円周上にどこでもいいから針をおいて
チョン
って円の上か下かに印をつけます。
別に両方つけてもいいですよ。


090117_m3.jpg

そしてその円周上の印つけたところに、また針をおいて

チョン

って別の印をつけます。


そして、またその印をつけたところに針をおいて

チョン

って別の印をつけていきます。


それを6回繰り返すと、きれいに元の印に一周して戻ってきますが6個印が円につきます。
微妙にずれてたら失敗です。

090117_m4.jpg

その6つの印を定規で直線で結べば、正六角形のできあがりです。


090117_m5.jpg

正六角形はこうやって中心から隣り合う2頂点に線を引くと、中心の方の角度は360°÷6=60°でさっき引いた2つの線分は円の半径になっていて等しいから二等辺三角形になり、残りの二つの角は(180°-60°)÷2=60°になるから正三角形になります。

だから正六角形は一辺の長さが外接円の半径と等しいから最初の円(外接円)の半径で円に次々と印をつけていくと6等分されて正六角形が書けます。

中学数学の公式や問題の解説




テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/138-48d60433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析