受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

整式の証明問題、東京大学2007年度理系第1問の解説
ポンポンが痛い…

そういうポンポンですが東京大学2007年度の理系第1問の解説やります。



[問題]
nとkを正の整数とし、P(x)を次数がn以上の整式とする。整式(1+x)^kP(x)のn次以下の項がすべて整数ならばP(x)のn次以下の項の係数は、すべて整数であることを示せ。
ただし、定数項については、項それ自身を係数とみなす。
090205_m5.jpg



[解答と解説]
まずk=2,n=2、P(x)=ax^3+bx^2+cx+dの時とか具体的に実験してみると、わかってきます。
見えてきます。

たぶん。
090205_m6.jpg

(1+x)^2(ax^3+bx^2+cx+d)の係数は
3次はc+2b+a
2次はd+2c+b
1次は2d+c
定数はd

これを見ると、(1+x)^2(ax^3+bx^2+cx+d)の2次以下の項が整数とすると定数を見るとdが整数とわかって、次に1次の項をみるとcが定数とわかって、次に2次の項をみるとbが整数で、確かにP(x)の二次以下の項b,c,dは整数になってます。

このメカニズムを見ると(1+x)^2P(x)の3次の係数も整数としたら、(1+x)^2P(x)の2次以下までの係数を整数とするとP(x)の2次以下までの係数が整数となって、P(x)の3次の係数も整数とわかる感じになります。


これを数学的帰納法でちゃんと証明します。

090205_m7.jpg
題意をnについての数学的帰納法で証明します。
P(x)=a_mx^m+a_(m-1)x^(m-1)+…+a_1x+a_0
とおいて、1≦n≦mで成立を示します。


これP(x)の最大次数mを固定して、1≦n≦mのすべてのnで成立することを数学的帰納法で証明するって言う設定をするのは何気に難しいところですね。


(i)n=1の時
(1+x)^kP(x)=∑(j=0~k)kCjx^j(a_mx^m+…+a_1x+a_0)

で定数項はa_0です
1次の係数はkC1a_0+a_1です。
だから(1+x)^kP(x)の1次以下の係数を整数とすると
kC1a_0+a_1=N_1(N_1整数)
とおけて
a_1=N_1-ka_0
でa_1も整数になるから(a_0ももちろん整数)題意は成立になります。


(ii)n=lの時題意成立を仮定します。(l≦m-1)
090205_m8.jpg
(1+x)^kP(x)=∑(j=0~k)kCjx^j(a_mx^m+…+a_1x+a_0)

のl+1次の項は
kC0a_(l+1)+kC1a_l+…+kC(l+1)a_0

ここでk<iのときkCi=0と定義しておけば、l+1≦kのときと、l+1>kの場合分けを書かなくてよくて便利です。

画像には書き忘れてるけどな。

(1+x)^kP(x)のl+1次以下の係数を整数とすると

kC0a_(l+1)+kC1a_l+…+kC(l+1)a_0=N_(l+1)
(N_(l+1)は整数)とおけて、仮定よりa_0,a_1,…,a_lは整数だから
a_(l+1)=N_(l+1)-kC1a_l-…-kC(l+1)a_0
よりa_(l+1)も整数
よってn=l+1の時も題意成立

(i)(ii)より1≦n≦mとなる自然数nについて題意成立。


と言うように、具体例でやったことを同じように一般的に数学的帰納法で示そうとしてきたわけですが、それでも処理がちょっとややこしいですね。


ここで最初にnとkを正の整数として…ってありますが、よく考えたら自然数の変数がnとkの二つです。
だからkに数学的帰納法を使ってもいいわけです。

そうすると結構簡単になります。

こういうことは、大学の証明問題でめっちゃ悩んだのにもう一つの自然数の変数の方に数学的帰納法を使うと簡単に出来たことよくあったので頭の片隅にでも入れておいてください。

090205_m9.jpg

題意をkについての数学的帰納法で証明する。

P(x)=a_mx^m+a_(m-1)x^(m-1)+…+a_1x+a_0
とおいて(n≦m)とおく。

(i)k=1の時
(1+x)P(x)
=(1+x)(a_mx^m+a_(m-1)x^(m-1)+…+a_1x+a_0)
=a_mx^(m+1)+(a_(m-1)+a_m)x^m+…+(a_1+a_2)x^2+(a_0+a_1)x+a_0
b_j=a_(j-1)+a_j(1≦j≦m)
b_0=a_0
b_0,b_1,…,b_mを整数とすると
a_0=b_0
a_j=∑(i=0~j)(-1)^(i+j)b_i
になります。

よってa_0,a_1,…,a_mは整数。


まあこんな厳密にしなくても、明らかに整数でもいいかもしれませんが。


090205_m10.jpg
(ii)k=lの時、題意成立を仮定する
(1+x)^(l+1)P(x)=(1+x)^l{(1+x)P(x)}
P'(x)=(1+x)P(x)とおく。
(1+x)^lP'(x)のn次以下の係数を整数とすると、仮定よりP'(x)のn次以下の係数も整数になります。

そしてP'(x)=(1+x)P(x)なのでn=1の時より、P'(x)のn次の係数が整数だとP(x)のn次以下の係数も整数になります。
だからk=l+1の時も成立。

(i)(ii)よりすべての自然数kについて題意成立です。


こっちの方がnと違って単にすべての自然数kについて示したらいいです、何かと楽な議論です。

でも解ければいいわけなので、一番大切なのは具体的な値を入れて実験をしてみて一般の場合を類推するって言う思考です。

高校数学の入試問題などの解説

東京大学の入試の数学の過去問の解説




テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/187-cddc3b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析