受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

二円の関係の問題、東京大学2009年度文系の第1問の解説
ホワイトデーってことで数学をどてらします。

それどこの方言やねん。


東京大学2009年度文系第1問の解説です。

[問題]
090314_m1.jpg
座標平面において原点を中心とする半径2の円をC_1とし、点(1,0)を中心とする半径1の円をC_2とする。また、点(a,b)を中心とする半径tの円C_3が,C_1に内接し、かつC_2に外接すると仮定する。たえだし、bは正の定数とする。

(1)a,bをtを用いて表せ。また,tがとり得る値の範囲を求めよ。

(2)tが(1)で求めた範囲を動くときbの最大値を求めよ。



[解答と解説]
(1)
090314_m2.jpg

外接するとか、内接するとか二円の関係は

半径がr_1,r_2の2つの円の中心の間の距離をdとすると

(i)外接するときは
d=r_1+r_2

(ii)内接するときは
d=|r_1-r_2|

になります。
図形的に考えてください。

この内接と外接するとき以外の範囲を考えタラ

交わらない時は

d>r_1+r_2

2点で交わる時は

|r_1-r_2|<d<r_1+r_2

内側にある時は

d<|r_1-r_2|

って分かるのもチェックしてください。


090314_m3.jpg

さっそく式を立てていくと
半径t,中心(a,b)のC_3が半径2,中心(0,0)のC_1に内接するから、二つの円の距離は
√(a^2+b^2)より

√(a^2+b^2)=2-t
(0<t<2)

です。
さっきの説明では|2-t|になるかもしれませんが、C_3がC_1に内接するって条件があるからC_3の方が小さくて0<t<2で二円の中心の距離が2-tってなります。

もう少し整理して
a^2+b^2=(2-t)^2

a^2+b^2=t^2-4t+4

かつ0<t<2です。


無理式を二乗するときは

√A=B

A=B^2かつB≧0

に注意しなければなりませんが、0<t<2だからその辺は大丈夫です。

半径t,中心(a,b)のC_3が半径1,中心(1,0)のC_2に外接するから、二つの円の距離は
√((a-1)^2+b^2)より

√((a-1)^2+b^2)=1+t

でも二乗して整理して

(a-1)^2+b^2=t^2+2t+1

でこれも1+tは元々正なので二乗しても大丈夫です。


整理すると

a^2+b^2=t^2-4t+4…①
(a-1)^2+b^2=t^2+2t+1…②
0<t<2
0<b

です。

①-②:
2a-1=-6t+3

a=2-3t

だから

a^2+b^2=t^2-4t+4…①
(a-1)^2+b^2=t^2+2t+1…②
0<t<2
0<b



b^2=t^2-4t+4-(2-3t)^2
a=2-3t
0<t<2
b>0

090314_m4.jpg


b^2=8t(1-t)
a=2-3t
0<t<2
b>0

b>0だからb^2=8t(1-t)よりb=√(8t(1-t))でt(1-t)>0⇔0<t<1だから

b^2=8t(1-t)
a=2-3t
0<t<2
b>0



b=√(8t(1-t))
a=2-3t
0<t<1

こうやって処理がややこしい東大では思いつくままにうへ~って方程式を解いていってわけわからんことなるより、数式を全部書いて同値変形を意識すると条件を見落としにくいって言うのも一つの手として覚えていてください。

不等式も全部tを用いて表していく方針です。

(2)
これはさすがに普通の二次関数の最大値の問題で、おまけみたいなもんですね。

b=√8t(1-t)
=√(-8t^2+8t)
=√(-8(t-1/2)^2+2)
(0<t<1)
より最大値はt=1/2の時√2



同値変形のとこでもう一つ例を出すと

例えばp+q-3pq=0でp+q=a,pq=bでp,qがすべての正の実数を動く時,(a,b)の領域を求めよって問題では

p+q-3pq=0
p+q=a
pq=b
p>0.q>0

って全部式を書いて


a-3b=0
p+q=a
pq=b
p>0,q>0

でこの
p+q=a
pq=b
p>0,q>0
のとこは
t^2-at+b=0
が正の解を持つような(a,b)の範囲であればp,qはa,bによって自動的に決まるから、それを求めればよくて

f(t)=t^2-at+bとおいて

判別式a^2-4b≧0
軸a/2>0
f(0)>0



0<b≦a^2/4
a>0

だから

a-3b=0
p+q=a
pq=b
p>0,q>0



b=a/3
0<b≦a^2/4
a>0
(p,q)=((a+√(a^2-4bc))/2,(a-√(a^2-4bc))/2)
または((a-√(a^2-4bc))/2,(a+√(a^2-4bc))/2)

ってやります。

まあ(p,q)の値は書かなくていいんですが、思いつくままに解くよりこうやって全部式を書いてa,bであらわそうとしていく同値変形を考えるのがコツです。

こういうのよく東大で出題されるので気をつけて下さい。

高校数学の入試問題などの解説

東京大学の入試の数学の過去問の解説




テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/245-aa2abf9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析