受験数学わんこらスクール
京大理学部で数学をやったわんこらが中学生や高校生、受験生に数学の公式や問題を解説します。

(京大文系、理系甲)行列A^6+2A^4+2A^3+2A^2+2A+3Eを求めよ。
2007年と2008年の京大の問題は制覇したいってことで今回は京都大学の2007年の文系と理系甲の共通の問題です。


そういえば理系は甲と乙とわかれてるのはわかりますか?

乙が難しいとされていますが
2007年度は
甲は、

総合人間学部(理系)
教育学部(理系)
医学部保健学科看護専攻・作業療法専攻

乙は
理学部
医学部医学科、保健学科理学療法専攻・検査技術専攻
薬学部
工学部
農学部

2008年度は総合人間学部(理系)乙に、医学部保健学科は全部甲になりました。

自分が受験する年の範囲は京都大学のサイトでしっかり範囲など調べておきましょう。

今回の問題は文系なのに行列です。

そこが京大の厳しいとこですね。

ただ2009年度は文系は数学Cは範囲外になります。
と言っても間違ってたらしばかれるので自分でちゃんと京都大学のサイトでしっかり範囲など調べておきましょう。



x^nはxのn乗を示す
[問題]
080525_1.jpg

A=
2,4
-1,-1
E=
1,0
0,1
とするとき、
A^6+2A^4+2A^3+2A^2+2A+3Eを求めよ。



[解答・解説]
080525_2.jpg

これ絶対覚えてください。

終わり。



今しばかれそうになった。



行列の問題はそんなにバリエーションが高くは無いと思います。
まずはお決まりのハミルトン・ケーリーを考えます。


ハミルトン・ケーリーについてちょっと補足ですが、
080525_4.jpg

Aの固有値を求める時に出てくるxの方程式と同じと言うよりも、このxのとこをAに置き換えた式(定数はEをつける)が成り立つのがハミルトン・ケーリーの定理です。
ハミルトン・ケーリー忘れたらこうやって計算できます。
n次正方行列でも成り立ちます。
証明は大学の線形代数の参考書とかに載ってると思います。
もう何のことかわからん余計わからんようなった人は、今すぐ忘れてください。


さてこのハミルトン・ケーリーの式
A^2-A+2E=0
が成り立ちますが、これをどう
A^6+2A^4+2A^3+2A^2+2A+3E
に使うかと言うと次数を下げます。

ハミルトン・ケーリーの式を
A^2=A-2E
と考えると、左辺は二次で右辺が一次です。
と言うことは、どんどんこの式を使って次数を落としていけます。
この方法でもすぐに解けます。

ただ本質的にはまったく同じですが、式が長かったりややこしい場合には整式の割り算を使います。
080525_3.jpg

行列はどこまで普通の数のように扱えるかって言うのを注意してください。
そういうのは大学に入って厳密にやりますが、理学部数学科くらいじゃないと一生やらないかもしれませんが、このAとEは足し算と引き算は普通に出来て掛け算もAE=EAと言うようにEとAは交換出来るから、AとEで出来た式は和差積については数と同じ扱いが出来ます。


まずは
x^2-x+2=0
の時
x^6+2x^4+2x^3+2x^2+2x+3
はどうなるかって問題を思い出してください。

これは
x^6+2x^4+2x^3+2x^2+2x+3をx^2-x+2で割って商と余りを計算して恒等式で表すと
x^6+2x^4+2x^3+2x^2+2x+3=(x^2-x+2)(x^4+x^3+x^2+x+1)+x+1
になってx^2-x+2=0だから余りのx+1だけ計算すれば良かったですね。

この恒等式
x^6+2x^4+2x^3+2x^2+2x+3=(x^2-x+2)(x^4+x^3+x^2+x+1)+x+1
は右辺は展開するのに和と差と積しか使わないから、xをAと置き換えて定数にEをつけて
も成り立ちます。


この計算で
A^6+2a^4+2a^3+2a^2+2a+3e=(A^2-A+2E)(A^4+A^3+A^2+A+E)+A+E
と言う式が成り立つのがわかります。
ハミルトン・ケーリーから
A^2-A+2E=0
なので
A+E
だけ求めれば終了です。



ただこの問題はわからんかったら、もう根性で普通に計算してください。
思いつかんかったら、その方が早いと思います。

高校数学の問題と解説

京都大学の入試の数学の過去問の解説




▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kazuschool.blog94.fc2.com/tb.php/34-4351cdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部で数学と物理を勉強し、数学を専攻しました。
東京で数学と物理の講師やってます

わんこら日記で日記とか勉強の仕方とか書いています

わんこら式数学の勉強法

メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください
勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてのメールはわんこら式診断プログラムを参考にしてください

詳しいプロフィール

人気blogランキングへ



にほんブログ村 受験ブログへ



学生広場

相互リンクも募集してます。

何かあれば
kazuschool_ht★yahoo.co.jp
かメールフォームからメールください。
(★を@にしてください)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

お勧めの参考書、ノート

数学でお勧めのノートは
KOKUYOの無地
理由




センター試験は過去問が大切


チャートが終わったらお勧め
大学への数学1対1シリーズ
数学1


数学A


数学2


数学B


数学3


数学C

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  1. 無料アクセス解析